転送できないお客様へ


 
 
最も多く寄せられている基本的な原因です。カテゴリ名をクリックするとご案内にジャンプします。 

▼カメラでの4つの確認点
 

▼スマホ、タブレットでの5つの確認点
 

▼パソコンでの4つの確認点

 

-----------------------------------------------------------

▼カメラでの確認点

 
【1】カメラのEye-Fi設定がOFFになっていませんか?

 
各カメラメーカーで、Eyefi連動機能搭載カメラがあります。
カメラ自体にEyeFiの通信をON/OFFできたり、カメラのモニター上に
転送ステータスをアイコン表示したりできるモデルです。

お買い上げ時はOFFのままの機種もありますので、ご確認ください。
カメラのバッテリーが少ないとOFFになる機種もあります。充電にもご注意下さい。

 

【2】写真は撮ってますか?

 

転送対象の写真が無いと、WiFiは働きませんので、撮影を行ってください。
新しい写真(未転送の写真)がカード内部にあることが、WiFiを機能させるスイッチになっています。


【3】RAWデータの撮影設定になっていませんか?

 
JPEGで撮影されているかご確認ください。
カメラの撮影設定で、RAWという画質設定になっていると、
Mobiカードでは転送ができなくなってしまいます。
Mobi ProでもアプリでRAW転送をONにしないと転送はできません。

 

【4】オートスリープ、オートパワーオフが働いていませんか?

  
カメラが動作を停止すると、Eye-Fiカードも動かなくなってしまいます。

特に一眼レフ、ミラーレス一眼だと、設定時間が短い場合があり、カメラのスイッチがONでも
SDカードスロットへは通電していない事がありますので、長めに設定してください。
※NIKONの一眼レフのお客様はこちらも御覧ください


 
↑↑ページの先頭へ↑↑
 
 
 
▼スマホ、タブレットでの確認点

 
 
【1】初期設定はお済みですか?

 
Mobiアプリをインストールして、アクティベーションコードの設定が必要です。
まだお済みでなければ、こちらのページを見て、まずは初期設定をしてください。

 
【2】WiFiは繋がってますか?(iOS端末)

 
iOSの「設定」アイコンからWiFiの画面を開いてください。
Eye-Fi Cardというネットワークを選択しないと接続ができません。iOSの仕様が原因です。

 
【3】WiFiは繋がってますか?(Android端末)

 
Eyefiカードとの接続を拒否する機種があります。
Eyefiカードが、普通のWiFiアクセスポイントと違って、ホームページを見たりできない閉鎖的アクセスポイントのためです。
こちらの記事をご参照ください。
 

【4】パスコードがわかりませんか?(iOS端末)
 
 
EyefiカードにWiFi接続するためのプロファイル(パスワード情報)をインストール
するときに聞かれるパスコードは、そのiOS端末にお客様が設定しているアクセスポイントです。
端末のスリープ解除などで使うものです。
 
【5】WiFiでパスワードを聞かれますか?
 
 
なんらかの原因で、アクティベートが失敗しています。
製品付属のアクティベーションコードをパスワードとして入力して下さい。
約1分以内での入力が必要ですので、コピー&ペーストで入力して下さい。
英字の大文字は大文字である必要があります。

※Androidの場合は、端末の位置情報サービスをONにして、こちらのページをご覧頂き、もう一度初期設定をしてみてください。

 

 ↑↑ページの先頭へ↑↑

 
 

▼パソコンでの確認点

 
【1】パソコンに無線LANは搭載されていますか?

 
Eyefi Mobiはパソコンに搭載されている無線LAN機能との二者間の通信で転送をします。
デスクトップパソコンをご利用の場合は、無線LANが搭載されているか、ご確認ください。


【2】(Mac限定)WiFiネットワークにEye-Fi Cardのネットワークはありますか?

 
アクティベーションに失敗し、Eye-Fi Cardのネットワークに自動接続しない場合があります。
画面上部のWiFiのアイコンからネットワークを一覧し、Eye-Fi Cardのネットワークがあれば、
クリックして接続してみてください。その時もしパスワード入力欄が出ましたら、
製品付属のアクティベーションコードをパスワードとして入力してください。

※Eyefiカードのネットワーク待機時間は2分ですので、手入力ではなく、
コピー&ペーストでのご入力をお勧めします。

 
【3】IPアドレスが固定されていませんか?

 
接続するWiFi機器が限定されているような環境になります。
特に業務利用のお客様はご確認ください。Eyefiは固定IPには非対応です。


【4】セキュリティソフトをご確認ください。

 
A : Eyefiカードの発するWiFiアクセスポイントとの通信を禁止している場合

B : Eyefi Mobiデスクトップアプリの動作を禁止している場合

の2点が原因としてよく確認されます。
 
再インストールが可能なセキュリティソフトであれば、一時アンインストールし、
また、パソコン標準搭載のファイヤーウォールも停止した状態で
転送をお試しください。

 
 
 
 ↑↑ページの先頭へ↑↑

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください