Eyefiクラウドへのアップロードの流れ

クラウドへのアップロードが完了すれば、画像データはWEB上に存在しますので、複数の端末からでもすべての写真が見ることが可能になります。また、急なスマートフォンの故障などがあっても、画像が失われません。

  1. まず、カメラにEyefi Mobiカードを入れ、写真を撮ります。
  2. カメラの電源を入れたままにすると、カードがWiFi電波を発します。
  3. 写真がスマホまたはタブレットのEyefi Mobiアプリに転送されます。(もしくはスマホ、タブレットで新しく写真を撮影します)
  4. 転送が完了し、スマホまたはタブレットがインターネット接続可能な状態に戻ると、それらの写真はEyefiクラウドに自動的にアップロード(同期)されます。
  5. アップロード(同期)が完了すると、別のスマートフォン、タブレット、またはパソコンからEyefiクラウドにログインすれば、同じ写真が閲覧できるようになります。

各端末から写真やアルバムの整理を行うと、それらの変更もEyefiクラウド上で自動的に同期されます。

※各端末の同期には、通信状況や処理した画像の枚数によって時間がかかる場合があります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください