Android端末でのストレージ設定の管理

Eyefi Mobi アプリのストレージ設定では、以下の機能の管理を行えます。

キャッシュ管理

Eyefi Mobi アプリがお使いの携帯電話もしくはタブレット端末内で利用できる保存容量を設定します。

  1. メニュー ボタンをタップする
     
    設定 をタップする
     
    ご注意: お使いの携帯端末にメニュー ボタンがある場合はそれを押し、それからメニュー内に表示される設定 をタップしてください
  2. ストレージ をタップする
  3. キャッシュ管理 の下のスライダーを左右に動かし、お使いの Android 端末内で Eyefi 写真に割り当てる保存容量を設定します。

この端末からオリジナルの写真を削除する

この機能を有効にすると、Eyefi Mobi アプリはお使いの携帯電話やタブレットから Eyefi Cloud に写真をアップロードした後、オリジナルの写真を端末から削除します。 写真は Eyefi Cloud 内に保存されます。

  1. メニュー ボタンをタップする

    設定 をタップする

    ご注意: お使いの携帯端末にメニュー ボタンがある場合はそれを押し、それからメニュー内に表示される設定 をタップしてください
  2. ストレージ をタップする
  3. この端末からオリジナル写真を削除 の隣にあるチェックボックスをタップする

メディアの登録先を変更する

Eyefi Mobi アプリがお使いの携帯電話やタブレットの内部ストレージを使用するか、外付けのメモリーカード (お使いの Android 端末には対応していない場合があるのでご注意ください) に保存するかを選択します。

  1. メニュー ボタンをタップする

    設定 をタップする

    ご注意: お使いの携帯端末にメニュー ボタンがある場合はそれを押し、それからメニュー内に表示される設定 をタップしてください
  2. ストレージ管理 をタップする
  3. データ保存先 をタップする
    ご注意: このオプションはお使いの Android 端末にマウントポイントが1つしかない場合 (内部もしくは外部メモリーどちらかのみの場合) 灰色で表示され選択できません。
  4. Eyefi Mobi アプリが現在写真を保存しているマウントポイントと、メディアを送ることができる別のマウントポイントを確認できます。
  5. この例では元の保存先は内部ストレージとなっています (既存の保存先)。外部ストレージをタップすることで設定を変更できます。
  6. はい をタップすると情報がポップアップします。
  7. はい をもう一度タップして変更を確認します。

これで Eyefi Mobi のアップロードは新たな登録先に保存されるようになり、現在の保存先として表示されます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください