Mobi Pro RAW サポート

Eyefi Mobi ProはRAW転送に対応しています。 Eyefi MobiアプリとEyefiクラウドでのRAW画像の転送・管理方法については以下をご覧ください:

RAW転送を有効にするには?

Eyefi MobiデスクトップでRAWを有効にする手順については、以下の記事を参照してください:

iPhoneとiPadでRAW転送を有効にするには:

  1. メニューボタンをタップ
  2. 設定アイコンをタップ
  3. インポートをタップ
  4. 受信RAWをタップ

※iOS端末の仕様上、RAWデータの種類によっては、転送に失敗したり、転送ができても表示ができない場合があります。これはiOS自体の対応ファイル形式が原因となります。
その場合は、JPEGのみを受信するよう設定してください。

AndroidでRAW転送を有効にするには:

  1. メニューボタンをタップ
  2. 設定をタップ
  3. 取込みをタップ
  4. RAWファイルを受信をスライドしてオンにする

Mobi ProでRAW写真を転送するには ?

設定を有効にした後、転送先のプラットフォームによってRAW転送の動作内容が異なります。

WindowsとMacの場合:

  1. 最初に、Mobi ProカードがEyefi Mobiデスクトップアプリ経由であなたのRAW写真をお使いのコンピューターに転送
  2. 次に、Eyefi Mobiデスクトップアプリがあらかじめ選択されたフォルダにRAW写真を保存
  3. Eyefi MobiデスクトップアプリがRAW写真をEyefiクラウドと同期

Android、iPhone、iPadの場合:

  1. 最初に、Mobi ProカードがあなたのRAW写真をお使いのモバイル端末に転送
  2. Eyefi Mobiアプリがあなたの写真をEyefiクラウドと同期
  3. 次に、Eyefi MobiアプリがRAW写真から高品質JPG画像のコピーを作成し、モバイル内部でアプリの保存領域からRAW写真を削除。RAW写真とJPG画像の両方をMobi Proカードからモバイル端末に転送した場合は、アプリが写真の両バージョンのサムネイルを表示

また、 Eyefiクラウドへのアップロードが完了した後は、Eyefi Mobiデスクトップアプリを利用し、自動的に写真をご利用のデスクトップにダウンロードする設定も可能になります:

注意:お使いのモバイル端末のカメラロールやギャラリーに写真を保存する設定を有効にしている場合は、RAW写真がお使いのモバイル端末に残ります。

EyefiクラウドでRAW写真を管理するには?

Eyefi MobiアプリまたはEyefi MobiデスクトップアプリがあなたのRAW写真をEyefiクラウドへのアップロードを完了すると、 RAW写真から高品質JPG画像のコピーを作成します。モバイル端末用のEyefi Mobiアプリでは、 RAW写真とJPG画像の両方を携帯やタブレットに転送した場合でも、常に高画質JPG画像のコピーが表示されます。 Eyefiウェブアプリでは、この JPG画像のコピーとRAW写真が並んで表示されます:

モバイルアプリのどの写真がRAW写真かを確認したい場合は、ファイルのEXIFデータを参照してください:

iPhoneとiPadの場合:

  1. 確認したい写真をタップ
  2. 情報アイコン(i)をタップ
  3. さらにファイル情報が表示されるまでスライドします

Androidの場合:

  1. 確認したい写真をタップ
  2. メニューボタンをタップ
  3. 詳細をタップ

Eyefiクラウド上のRAW写真には次の制限がありますのでご注意ください:

  • ユーザーがRAW写真のトリミング、回転、その他の編集を行うことはできません
  • EyefiアプリとEyefiクラウド経由でRAW写真を共有する場合、その受信者がダウンロードできるのは共有した写真のJPG版のみとなります
  • 複数のRAWデータを一度にダウンロード、共有すると、JPEGに変換されます。容量の大きいファイルのため、ダウンロード失敗や、閲覧までに時間がかかってしまう事を防ぐための仕様となります。RAWデータのままダウンロードするには、1枚ずつダウンロードしてください。
  • 現在IFTTTではJPGファイルのみをEyefiクラウドから配信しています
  • iOSをご利用の場合、MobiProカードの転送対象のRAWでもiOSの仕様上、正常に表示できない場合があります。OSの仕様ですので、ご了承ください。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください