Mobi ProのWiFiルーターネットワークを利用した転送

Mobi Pro では、WiFiルーターのネットワークを介して、パソコン、iOS端末、Android端末に写真を送ることができます。

▼WiFiルーターネットワーク転送の仕様:

  • 1枚のMobi Proカードには最大32件のネットワークを保存することができます。
  • 設定時、その場所に存在するWiFiネットワークのみ、設定が可能です。ステルスモードは非対応です。
  • Mobi Proカードと、パソコンが異なるネットワークセグメントに存在すると、転送はできません。
    転送の経路としては、カード⇒ルーター⇒端末⇒クラウドになります。
  • デスクトップアプリには、複数枚のMobi Proカードを設定できますが、WiFiルーターネットワーク利用した接続を行えるのは、一度に1枚のみとなります。
  • ルーターの設定において、IPアドレスが自動取得の設定である必要がございます。
  • ネットワークフォルダ、NAS、外付けHDDなど、パソコンのローカルディレクトリ以外の場所は動作保証しておりません。
  • ルーターメーカー独自のネットワーク暗号化方式はサポートしていません。(Baffalo社製AOSSなど)

▼iOS端末、Android端末における注意点:

  • 端末のEyefi Mobiアプリから、Eyefiクラウドにログインしている必要があります。
  • 転送時は、Eyefi Mobiアプリを起動し、画面上に表示してください。
  • 端末の動作状況により、うまく転送されない時があります。端末の再起動、不要なタスクの終了、Eyefi Mobiアプリの入れ直し等で対応してください。
  • WiFiルーター経由の転送を設定すると、WiFiルーターのネットワークが存在する場所では、Mobi Proカードは独自のネットワーク「Eye-Fi Card ******」を発しなくなります。ルーター経由の転送ではなく、ダイレクト転送をご利用頂くには、WiFiルーターの設定を削除してください。

関連記事:

Mobi Proは同一のWiFiルーターネットワーク上にない端末へ、WiFiルーター経由の転送をすることは可能ですか?

いいえ。WiFiルーター経由での転送にはその端末がMobi Proカードと同一のネットワークを使用するよう、設定されている必要があります。

しかし、Eyefiクラウドの有効なメンバーシップがありMobi ProカードからスマホやPCへ転送しアプリがEyefiクラウドへ写真をアップロードすれば、それぞれの端末で設定されている各ネットワークでクラウドの写真データが同期され、写真を閲覧可能となります。

詳しくは スマホ、タブレット、Eyefiクラウドからパソコンに写真を保存する方法をご覧ください。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください