転送できなくなってしまったお客様へ

   
クリックすると、ご案内にジャンプします。
 

▼Mobi,Mobi Pro 共通
 

スマホを機種変更したら転送できなくなった時5つの確認点。
 
OSをアップデートしたら転送できなくなった時の3つの確認点。
 
カメラを変えたら転送できなくなった時の4つの確認点。
 
何も変えてないのに突然転送できなくなった時の4つの確認点。


 
▼Mobi Pro 特有
 
 
Mobi ProがWiFi通信をしない時の1つの確認点。
 
WiFiルーター経由で転送できない時の6つの確認点。

下記と内容がかぶるものもありますが、どの場合のお客様も
こちらの記事もご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 
 
 
▼スマホを機種変更したら転送できなくなった時の5つの確認点。
 

【1】WiFi接続時にパスワードを求められますか?
 

Mobiアプリにアクティベーションコードを設定しなおす必要があります。
Mobiカード付属の10ケタのアクティベーションコードをMobiアプリに入れて下さい。
 

【2】アクティベーションコードは持っていますか?

 
もしなくしてしまっていたら、こちらの記事を読んでサポートにお問い合わせください。
 

【3】Mobiアプリは入れ直しましたか?

 
特にiOS端末の場合、バックアップデータからMobiアプリを復元すると
正常に動作しない事があります。Mobiアプリを一度アンインストールしてアプリを入れ直してください。
 

【4】前の端末や、他の端末が近くにありませんか?
 

Mobiアプリが設定されている前の機種や他の端末が近くにあると、
そっちに画像が行ってしまい、ご希望の端末には来ない事があります。
もし近くに他の端末があれば、WiFiをオフにするか、電源を切っておいてください。
 
 

【5】Androidの場合、WiFi詳細設定を確認してください。
 

Android OSのバージョンによっては、Eyefiカードのように、インターネット閲覧のできない
WiFiアクセスポイントへの接続を遮断する事があります。詳しくはこちら。


 
↑↑ページの先頭へ↑↑


 
 
 
▼OSをアップデートしたら転送できなくなった時の3つの確認点。
 

【1】Mobiアプリは入れ直しましたか?
 

OSのアップデートにより、稀に正常に動作しない場合があります。
正常に動作しない事があります。Mobiアプリを一度アンインストールしてアプリを入れ直してください。
 

【2】Androidの場合、WiFi詳細設定を確認してください。
 

Android OSのバージョンによっては、Eyefiカードのように、インターネット閲覧のできない
WiFiアクセスポイントへの接続を遮断する事があります。詳しくはこちら。

 
【3】セキュリティソフトが自動で更新されている事があります。

 
特にパソコンの場合に見られる問題です。
一度セキュリティソフトを終了するか、または、再インストールが可能なものでしたら、
一度アンインストールしてください。
 
 
↑↑ページの先頭へ↑↑

 
 
 
 
▼カメラを変えたら転送できなくなった時の4つの確認点。

 
 
※「カメラ機種名+説明書」のキーワードでネット検索をすると、
WEBで説明書が読めます。カメラの操作がご不明な場合はご活用ください。

 
【1】Eyefi連動機能搭載カメラか、ご確認ください。


デジカメには、Eye-Fi連動機能搭載カメラとそうでないものがあります。
Eye-Fi連動機能搭載カメラの場合は、Eye-Fi送信がOFFになっていないか、ご確認ください。
 

【2】前のカメラでセレクト転送機能は使っていましたか?

 
Ricoh、Pentax、Olympusの一部のカメラでは、カメラのEye-Fi連動機能で、自動(オート)転送か、
選択(セレクト)転送かを選べる機能を持つものがあります。
もし、前のカメラで選択転送を設定していると、その設定を次のカメラでも引き継いでしまいます。
一度前のカメラで、自動転送か、転送OFFに切り替えてください。
 

【3】RAWデータ撮影になっていませんか?

 
カメラの撮影設定で、RAWという画質設定になっていると、Mobiカードでは
転送ができなくなってしまいます。

 
【4】オートスリープ、オートパワーオフが働いていませんか?

 
カメラが動作を停止すると、Eye-Fiカードも動かなくなってしまいます。
特に一眼レフ、ミラーレス一眼だと、設定時間が短い場合がありますので、
長めに設定してください。
※NIKONの一眼レフのお客様はこちらも御覧ください。
 
 
↑↑ページの先頭へ↑↑
 

 
 
 
▼何も変えてないのに突然転送できなくなった時の4つの確認点。

 

【1】Eyefiカードをフォーマット(初期化)してみてください。
 
 
カード内部のメモリをリフレッシュする事で復旧する事例が多くあります。
フォーマットの前に必ず、大切なデータをバックアップしてください。
 

【2】カメラのバッテリーは減ってませんか?
 
 
カメラのバッテリーが減ると、WiFiを機能させられなくなる場合があります。
十分に充電してください。
 

【3】カメラのEyefi設定をしなおしてください。

 
Eyefi連動機能搭載カメラの場合、Eyefi設定を一度オフにしてカメラの電源を
落としてください。カメラの電源を入れ直して、オンにしてください。
 

【4】このページ内の他の項目も御覧ください。

 
何も変えていないつもりでも、ご利用端末各所において、自動のアップデートが
行われたり、意図せず設定を変更してしまっていたりという事もありえます。
念のため、他の項目もご確認ください。
 
 
↑↑ページの先頭へ↑↑


--------------------------------------------------------------------------------

 
 
 
 
 
 
 
▼Mobi ProがWiFi通信をしない時の1つの確認点。

 

 
【1】選択転送機能が設定されていませんか?

 
 
パソコンのEyefi Mobiデスクトップアプリにより、
Mobi Proに選択転送が設定されていると、写真を撮影しただけではWiFiを機能しません。
OFFにしてください。くわしくはこちら
 
 
↑↑ページの先頭へ↑↑
 
 

 
 
 
▼WiFiルーター経由で転送できない時の6つの確認点。

 
 
【1】
WiFiルーターが遠くありませんか?または障害物がありませんか?

 
パソコンやスマホが正常にWiFi接続できる距離でも、カメラの中の小さなEyefiカードには
電波が届かない事があります。また、障害物により、WiFi電波が妨げられる事があります。
まずは、WiFiルーターのすぐ真横で転送を試してください。
 

【2】Eyefiクラウドにサインインしてますか?

 
iOS,Androidの場合は、Mobiアプリでクラウドにサインインしている
必要があります。サインインしていないとWiFiルーター経由では転送できません。
パソコンは必須ではありません。

 
【3】Mobi Proとパソコン、スマホが接続しているWiFiルーターは同じですか?

 
転送の時、Mobi Proと転送先端末が同じネットワークセグメント内にある必要があります。
遠隔地にあったり、MobiProが接続してるWiFiアクセスポイントと端末が接続してる
WiFiアクセスポイントが違うと転送できません。
スマホのWiFiがオフで、3G,4G回線になってないかもご確認ください。
 

【4】Mobiデスクトップアプリで、ルーターの設定はしましたか?

 
近くにルーターがあるだけでは転送できません。パソコンにMobi Proカードを
接続し、必要な設定を行う必要があります。

 
【5】ルーターのIPアドレスが固定されていませんか?

 
特定のWiFi機器でないとルーターに接続できないような設定です。
特に業務利用のお客様はご確認ください。

 
【6】BaffaloのAOSSで設定したネットワークではありませんか?

 
Eyefi Mobiの小さな無線LAN機能では、BaffaloのAOSSのように、メーカー独自の
セキュリティ方式に対応できません。
 
 
 
↑↑ページの先頭へ↑↑
 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください